奨学金支給の背景

アメリカの大学が奨学金を支給する背景

アメリカでは、大学に対する寄付金が大きな節税対策になることもあり、成功した卒業生が大学に多額の寄付を行うケースが珍しくありません。卒業生からの寄付金を主な財政として大学側が留学生に奨学金を寄付する背景について見ていきましょう。

■理由1:より優秀な学生の獲得


各大学は、生き残りをかけて、より優秀な生徒獲得を目指しています。成績優秀かつ、リーダーシップや人間性に富んだ学生を求めており、これらの学生を呼び込もうと奨学金支給を行っています。

■理由2:生徒の多様性


アメリカではその歴史的背景から、多様性を非常に重んじる文化があります。アメリカの大学はその他諸国の大学と異なり、ディスカッションやグループワーク、プレゼンテーションなど双方向性が非常に高い教育を行っているため、留学生の意見が加わることで教育内容に深みが出て、留学生が持つ多様性を最大限に生かすことができます。留学生が加わることで、教授にとってはより教え甲斐があり、学生にとってはより学び甲斐のある教育現場となるのです。

■理由3:キャンパスの国際化


日本でも、海外から留学生を招き、英語で授業を行うグローバルな大学が注目を集めています。アメリカの大学としても、毎年多くの留学生を受け入れることで、キャンパスの国際化を一挙に推し進めることができます。また、アメリカ人学生にとっても、自らが高い留学費用を払って留学することなく、異文化に触れることができるメリットがあります。

奨学金はどれくらいの確率でもらえるの?

アメリカの大学のニードベース奨学金制度では、家庭の収入だけでなく、支出や貯金額も考慮に入れてくれます。為替や米国でのインフレを考慮すると、実は日本人の多くの方がニードベース奨学金の対象であったということもあります。さらに、奨学金を支給するリベラルアーツ・カレッジは全米に約600校存在するため、著しく成績が悪い場合を除いて、ほとんどの場合で奨学金の獲得可能です。ご家庭の収支状況をもとに最適な大学・奨学金プランをご紹介しますので、まずはU-LABOカウンセラーまでご相談ください。