今回お届けするのは、UC卒業生の留学ストーリーです。コミカレからUCサンタバーバラへ編入し、アメリカで働いているM.Kさん。留学に至るまでや、留学生活、そして現在のお仕事について、お話を伺いました!

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

Q.留学のきっかけを教えてください。

アメリカでチアリーダーになりたいと思っていました。もともとチアリーディングをしていて、小さい時から海外に興味がありました。

Q.留学しようと思ったのはいつごろでしたか?

留学したいと思い始めたのは、中3ぐらいです。本当は高校生の時に留学したかったんですけど、英語力が足りず、勇気が出ませんでした。だから、英語が強い高校に通って、大学生までには行こうと目標を立てました。

Q.留学を決めた際の家族の反応はどうでしたか?

両親は、2人とも若いころに海外経験があるんです。両親と話している中で、「海外に行くのもありかもね」っていう感じで話が進みました。留学にしろ、旅行にしろ、1度は海外に出た方がいいよ、っていう考えを持っていた2人だったので、応援してくれました。1人で、というよりは、両親と一緒に決めた留学でした。

Q.カリフォルニアを選んだ理由を教えてください。

小3の時に、旅行で行ったことがあったんです。気候が良くて、過ごしやすかったんですよね。あと、知り合いも何人かいたので、カリフォルニアを選びました。

Q.留学の際に、不安だったことはありますか?

お金の使い方ですかね。留学のお金を払ってくれるのは両親です。お金のやりくりがどれほど大変かっていうのは、ある程度気づいていたので、両親に負担をかけないようにしなきゃ、って思っていました。

逆に、生活面や英語力の不安はあまりなかったです。行ったことがある土地でしたし、留学前から英語の勉強をしていたので、そこの心配はあまりしていませんでした。

Q.渡米するときの英語力はどれくらいでしたか?

日常会話ができるレベルでしたね。レストランなどで会話に困らない程度です。幼いころから英会話教室に通っていたので、苦手意識はあまりなかったです。

Q.コミュニティカレッジでの生活面について教えてください。

最初の1ヶ月はアパートで、その後はホームステイにしました。私のホストファミリーは、あまり干渉しない方たちでした。つかず離れずの、ちょうどよい距離感で接してくれたので、私に合っていたと思います。食事は、キッチンを借りて、自分で料理していました。ある程度自由がきく環境だったので、生活面でのストレスはありませんでしたね。

Q.メジャーはなんでしたか?

シアターアーツです。もともとはビジネスマーケティングだったのですが、コミュニティカレッジ2年目の時に変更しました。それ以降はずっとシアターアーツです。

Q.メジャーを変更した理由は?

最初はマーケティングを学んでいたのですが、学んでいくうちに、やりたいことと違うな、と思い始めたんです。マーケティングを選んだのは、ショーを作る人になりたいと思ったからです。企画だからマーケティング、って思っていたんです。でも、本当にやりたいことは企画ではなく、実際に自分の手で作ることだって気づきました。カウンセラーに相談して、「それなら、これはどう?」って、照明デザインのクラスを紹介されました。お試しでそのクラスを取ってみたらおもしろくて、変更することにしました。それまでは、照明デザインっていう存在は知らなかったんです。授業を受けてみて、照明ってこんなにすごいことができるんだ、楽しいことができるんだなって思って、のめり込んでいきました。

Q.留学で苦労した点はありましたか?

UCサンタバーバラに編入してからが大変でした。シアターアーツを専攻している子は、小さい時からのバックグラウンドがあるんですよね。私はまだ学び始めたばかりだったので、周りとの経験の差を感じて、劣等感に浸ることもありました。でも、先生には、「デザインだから、正解や不正解はないんだよ」って、言っていただいていました。落ち込んでしまった時も、「人と比べる必要はない」って、何度も励ましていただいたんです。それで、今でも劣等感を感じてしまうときはあるけど、そのときは「私は私!」と自分に言い聞かせて、乗り越えるようにしています。あとは、場数を踏んで自信をつけて克服していきましたね。

Q.UCサンタバーバラを選んだ理由を教えてください。

学部のキャパシティで選びました。あまり大きすぎないところで学びたいなと思っていたんです。規模が大きく、生徒数が多い学校だと、デザインする機会がなかなか回ってこなかったり、教授との距離が遠かったりするという話を聞いていたからです。

だから、比較的小規模で、人数も少ないUCサンタバーバラは魅力的でした。規模の他にも、学校が持っている機材や、卒業生の実績も見て、UCサンタバーバラを選びました。

Q.UCサンタバーバラでの生活や授業はどうでしたか?

編入してすぐは、ホームシックならぬ友達シックになりました。コミュニティカレッジでできた日本の友達と離れ離れになってしまったので、最初はさみしかったですね。UCサンタバーバラに通っている日本人も少なかったので、余計にさみしさを感じました。 けれど、日本人と接する機会がなくなってから、英語をほめられる機会がとても増えたんです。発音など、「留学生に感じないね」って言ってもらえて、とても嬉しかったです。あと、サンタバーバラの土地柄にも助けられました。のんびり過ごせる土地で、時間がゆっくり流れるんです。気持ち的にはすごく楽でしたね。

Q.最初は寮でしたか?

いえ、アパートにしました。Facebookで同居人を探して、一緒に住んでいました。キャンパスには学食もありましたが、基本的には毎日自炊をしていましたね。アパートから学校までは歩いて15分ぐらいなので、とても便利でした。

Q.留学してから変わったことを教えてください。

アメリカにはいろんな人がいます。たとえば、アメリカ人は、自分の言いたいことをはっきり主張するんです。日本とは違う文化ですよね。多くの人と出会って、自分の考え方が変わったと思います。

特に実感したのが、周りに助けを求めていいんだな、っていうことです。ビザを申請するときに、最初は自分で全部やらなくちゃ、と思っていたんです。でも、ふとした時、知人に「誰か詳しい人いないかな?」って相談したら、「知り合いがエキスパートだから、連絡先を教えてあげるよ」と言って紹介してくれたんですよね。しかも、その紹介してくれた人は、知り合いの、そのまた知り合い、みたいな感じだったんです。深い関わりでなかったとしても、気軽に助けてくれるんだな、って思ったんです。困っていることがあったら、恥ずかしがらずに聞いてみたり、助けを求めたりすると、意外と手を差し伸べてもらえるんだな、って思いました。

Q.これからの展望を教えてください。

これからも、アメリカで働きたいと思っています。今のビザが6年ほどあるので、その期限のうちに、グリーンカードをゲットしたいと思っています。グリーンカードは、アメリカの永住権です。これからも仕事でたくさん経験を積んで、アメリカで頑張りたいと思っています。

Q.これから留学する方にメッセージをお願いします。

日本にいるうちに、英語力をできる限り上げておくことをおすすめします。留学する目的が英語を学ぶ、なら話は別ですが、他に学びたいことがあって留学するなら、最初に英語力でつまずいてしまうと時間がもったいないです。英語力をできるところまで上げておくことが大切だと思います。

あと、「どうにかなる」っていう精神も大事です。つまずいても、何とかなります。私は比較的長くアメリカにいるので、留学生の後輩が何人もいます。時々、ビザのことなど、相談を受けることもあるんです。そのときも、「大丈夫、何とかなるよ」って、いつも言っています。実際に何とかなるし、なんとかすればいいかなって、私は思っています。私自身がそうやってここまで来ていますからね。行動さえすれば、なんとかなります。逆に、アメリカでは、自分から行動しないとチャンスはやってきません。自分にはできないかも、技術が足りないかも、と思っても、とりあえず始めてみる。とりあえず人に聞いてみる。そうすれば、道は拓けると思います。

ありがとうございました!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!