「将来何をやりたいか分からないし、自分は何が好きなのかも分からない」そう悩まれている方は多いのではないでしょうか?

今回はそういう方におすすめな「アメリカの大学への進学」について、その理由を説明していきます。

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

人生で成し遂げたいことは決まっていますか?

突然ですが、あなたは将来成し遂げたいこと、将来やりたいことが決まっていますか?

もし決まっているのであれば、あなたはすごく幸運な人かもしれません。

そんな中、自分が何をやりたいのか。何が好きなのかもわからず、なんとなく今を過ごしている方も多いかと思います。

でも、残酷なことに時間と社会は、選択を迫ってきます。

中学生の時は、どの部活に入るか、高校生では、理系・文系のどちらに進むべきか、どの学部?どの大学?なんの職種?どの会社?など、人生は選択の連続。

こんなふうに人生の選択に迷っている人には、アメリカの大学への進学がおすすめ!

今回はなぜ、やりたいことが見つからない、わからないという人がアメリカの大学に向いているのかを説明していきます。

日本の大学システムは今の時代に合っていない?

まず、やりたいことが決まっていないなら、日本の大学への進学は、考え直した方が良いかもしれません。日本では、やりたいことが明確に決まっているわけではない学生は、高校2年生~3年生あたりで、自分の学力に見合った大学・学部を選ぶ傾向が強いように見受けられます。

ですが、よくよく考えてみると、それはとてもリスクが高いこと。なぜなら、やりたいことが決まっていない人にとって、高校の時に選んだ学部というのは、実際に何をやっているのか?何が学べるのか?どういう職業を目指せるのか?というところまで考えた上で選択されたものではないことが大半だからです。

高校まで、国語・数学・化学・社会・英語などの教科だけしか学んでこなかったのに、大学ではいままで学んだことのない、未知の学部を選択するのは、非常にリスクが高いと思いませんか?

入学後、学部が自分に合わないと思っても、簡単には変えることができない日本の大学システムは若干時代遅れだと思いませんか?

大学に入学した後に、自分の進みたい職業と自分の高校生の時に選んだ学部とのミスマッチが起こった場合、結局、大学卒業後、専門学校などに入り直す必要が出てくることも起こり得ます。

また、これからの社会においては、「一つの専門性を磨く」という時代から「複数の専門性で業界の境を超える能力を身につける。」ということが求められる時代に来ています。

“スティーブ・ジョブズは「点と点をつなげていくと、いつの間にか線ができる」と言ったが、あちこちハマっていくうちに、網の目のように散らばった点と点が思わぬところでつながるのだ。1度深くまでハマり、あっさりと次へ移る。これからの時代は、そうやって80点取れるものをいくつももっている人が強い。”

このようにホリエモンが言っており、「多動力」という力もその一つ。

これからの時代、いろんな専門性を素早く身につけて、別の業界でその知見を生かしイノベーションを起こす力が求められるのです。

こんなふうに時代が大きく変わっているのに、日本では未だに大学受験の時に決めた1つの学部で大学4年間を過ごさなければなりません。学部を変えたい、と途中で思ったとしても、周りにそういう人も多くなく、なかなか厳しく、受け入れられ難いのが現状です。

アメリカの大学の制度は?

では、やりたいことが決まっていない人におすすめするアメリカの大学の制度はどのようなものなのでしょうか。

アメリカの大学システムはこのようになっています。

大学1年目:一般教養課程

大学2年目:一般教養課程

大学3年目:専門課程

大学4年目:専門課程

大学1、2年次では、一般教養過程と呼ばれるコースに進み、3、4年次から専攻の専門過程に進みます。

一般教養課程というのは、大学が提供する様々なクラスの選択肢から好きなクラスを幅広く履修することができる過程になります。

数学、英語、科学などの馴染みのあるクラスから、フォトショップやコンピュータープログラミング、水泳やジムトレーニングのクラスなどの、一般的な日本の大学では履修できないようなクラスも履修可能です。

2年次まで自分の専攻を決める必要なし

アメリカの大学にももちろん専門課程があるので、最終的には自分にあった専攻を決める必要があります。しかし、2年次まで専攻を選択する必要はないため、時間をかけていろんな授業を受けてみた結果、自分に合った専攻を選ぶことができるのです。

これは、ミスマッチが起こりにくい合理的なシステムといえます。

※特定の理系学部など、一定の学部においては、早くから専攻を決めておかなければ、履修単位を無駄にすることはあり得ますが、この場合でも多くの単位を履修すればよいだけで、いつまでに決めなければならない、という制約はありません。

専攻の変更も簡単

万が一ミスマッチが起こったとしても安心してください。

一度専攻を選択し申請した後でも、他の専攻に変更することが可能であり、最終的に選択した専攻の必修科目と単位を満たすことで大学を卒業できます。

専攻を変える希望書を出して手続きをし、変更した専攻の必修科目を履修さえすれば、簡単に専攻を変えることができるのです。(競争の激しい専攻ではテストを受ける必要が出てくることもあります。)

複数の専攻を選ぶことができる

先ほど、「これからの時代、一つの専門性だけではなく、複数の専門性を持ち合わせコラボレーションすることが求められてくる」と述べましたが、アメリカの教育システムは、この「多動性」を可能にしてくれます。

アメリカの大学では、2つ以上の専攻を選択することができるのです。

例えば、コンピューターサイエンス学部+心理学。

今では、AIなどの人口知能が話題になっていますが、人口知能のさらなる発展には、コンピューターサイエンス学部だけでなく、 心理学などの組み合わせは最適と考えられ、コンピューターのことだけを知っていても、人間の心理がわからなければ、完璧な人口知能が作れないでしょう。 このように、今までは交わらなかった組み合わせで学ぶことができるのがアメリカの教育の特徴です。

副専攻を選ぶこともできる

2つの専攻は時間的にもお金的にも正直きついという人もいるかもしれませんが、アメリカでは、副専攻を選び、学びの幅を広げることができます。

副専攻は、専攻よりも必修科目が少ないため、複数の専攻を選ぶよりも負担が少ないので、興味がある方はこちらもおすすめです。

まとめ

日本の大学では、明確なビジョンが定まっていない高校生のときに決めた学部選択が、のちの人生に大きく影響します。「将来は絶対にこの仕事に就きたい」と、明確な目標を持ち、入学する学部を決められるのであればいいのですが、高校3年生の時点でそこまでハッキリとした意思を持ち、将来ビジョンを描ける人は少数派でしょう。

「なんとなく経済について学んでみたいから経済学部」「就職の幅が広そうだから法学部かな」など、ふんわり想像し、学部を決める学生は多いですし、大学入学後に「やっぱり他のことを学びたかった…」と思い始める学生もたくさんいます。アメリカのように幅広い領域を学んだうえで、あとから自分のメジャーを選べる形式であれば、ミスマッチを防ぐことができますし、選択の幅も広がるのではないでしょうか。

将来やりたいことが決まっていないのはあなただけではありません。やりたいことを見つけるため、今後の人生orキャリアで必要とされる「他動力」を身に着けるためにも、アメリカの大学への進学はおすすめです。

U-LABOでは、アメリカ留学支援サポートサービスを行っております。進路への悩み、留学・大学に関するご相談がある方はお気軽にお問合せくださいね。

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!