カリフォルニア大学(UC)への編入を決めたものの、どのコミュニティカレッジ(コミカレ)にするべきか悩む…という方も多いのではないでしょうか。UC編入の合格率を上げるためにも、コミカレの進学先は慎重に選ばなければなりません。しかしながら、カリフォルニア州には116ものコミカレがあるので、1校1校情報を集めて比較していくのはとても大変ですね。今回は、そんな志望校に悩んでいる方のために、UC編入に向いているコミカレランキングTOP10をUC大学別(難関3校)に作成してみました。UC(9大学全体)への編入者数ランキングも作ったので、UCのどの大学にするかまだ決まっていないという方も、ぜひ参考にしてみてください。

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

UC難関3校 編入者数ランキングTOP10

100校を超えるコミカレの中から志望校を何校か選ぶのは、そう簡単なことではありませんね。ましてや、UCの難関校を目指すとなると、やはり高い編入実績のあるコミカレの方が、サポート体制も整っているので安心。また、学校のカウンセラーが留学生の対応に慣れていれば、出願などの編入手続きもスムーズに進められるので、ある程度留学生が在籍していることも重要です。そこで、UCトップレベルであるロサンゼルス校(UCLA)、バークレー校(UCB)、サンディエゴ校(UCSD)の3大学ごとに、2021年度の編入者数を比較して、編入実績が高いコミカレのランキングを作成しました。項目は以下の4つです。

[編入者]

UCの編入統計データ(2021年度)に記載されている編入者総数。ランキングはこの数値が高い順に並べたものです。

[合格率]

UCLAの編入統計データ(2021年度)に記載されている出願者全体における合格者の割合。この数値が高ければ、そのコミカレから合格した学生の割合が高いということになります。

[対応生徒率]

教授1人に対する生徒数の割合。この数値が小さいほど、より丁寧なサポートを受けられると考えることができます。

[留学生比率]

コミカレの学生総数に対する留学生の割合。基本的に、コミカレに在籍している留学生は、編入を希望しているため、この比率が高いほど、留学生への編入支援についてよく知っていると考えられます。

ロサンゼルス校(UCLA)

コミカレ⇒ロサンゼルス校(UCLA)・編入者数ランキングTOP10

順位コミュニティカレッジ編入者合格率対応生徒率留学生比率
1Santa Monica College41226%1:309.9
2Pasadena City College22927%1:263.1%
3Los Angeles Pierce College16731%1:251.4%
4Irvine Valley College12624%1:296.8%
5De Anza College12517%1:289.7%
6El Camino College12527%1:282.1%
7Mt San Antonio College11322%1:241.6%
8Moorpark College10726%1:330.6%
9Glendale Community College9622%1:264.3%
10Diablo Valley College9424%1:265.6%

UCLAへの編入実績が長年トップであるサンタモニカカレッジ(Santa Monica College)。毎年400~500人もの学生がUCLAへの編入を成し遂げています。UCLAから場所も近いので、UCLA編入を目指す留学生も多くがここへ進学します。留学生比率もトップの9.9%。このグラフを見ても、サンタモニカのカウンセラーは留学生の編入に関するノウハウを熟知しているだろうといえますね。ただ、州内最大規模のコミカレで、多くの学生が編入試験を受けるため、不合格者数も数値で見ると大きくなっています。2021年は2059人が出願しましたが、合格者は535人で合格率は26%。他のコミカレと比較しても合格率にそこまで差はないので、サンタモニカに入学したから安心、というわけにはいかない、ということは押さえておきましょう。2位のパサディナシティカレッジ(Pasadena City College)と3位のロサンゼルスピアスカレッジ(Los Angeles Pierce College)も編入者数がトップレベルで、専門的なサポートを期待できそうですが、留学生比率が低めなのでその辺が少し心配な点ではありますね。4位以降は編入実績と合格率にそこまで大きな差があるわけではありませんが、留学生比率が高い所と低い所で、分かれていますね。そのため、留学生比率と対応生徒率のバランスを見ながら候補を絞っていくといいかと思います。

バークレー校(UCB)

コミカレ⇒バークレー校(UCB)・編入者数ランキングTOP10

順位コミュニティカレッジ編入者対応生徒率留学生比率
1Diablo Valley College2391:265.6
2De Anza College1691:289.7%
3Berkeley City College1551:260.4%
4Pasadena City College1351:263.1%
5Santa Monica College1321:309.9%
6City College San Francisco891:242.5%
7Foothill College751:246.0%
8Mt San Antonio College551:241.6%
9Ohlone College541:244.2%
10Orange Coast College521:355.9%

1位のディアブロバレーカレッジ(Diablo Valley College)は、UCBに近いためUCBへの編入を目指す学生が多く在籍していて、高い編入実績を誇っています。留学生比率はトップではないものの、比較的高いので留学生へのサポート体制も問題ないでしょう。 2位のデアンザカレッジ(De Anza College)も編入実績が多いコミカレで、対応生徒率も留学生比率もバランスが取れており、質の高いケアを期待できますね。3位のバークレーシティカレッジ(Berkeley City College)も、ディアブロと同じくUCBに近いコミカレなので、UCBへ編入する学生がたくさんいます。しかしながら、留学生比率がこのランキング内では最下位で、留学生というよりは、現地に住んでいるネイティブが多く通うコミカレという印象。4位以降では、どのコミカレも大差はありませんが、留学生比率でみると、 サンタモニカカレッジやフットヒルカレッジ(Foothill College)あたりが、外国人向けの手厚いケアを受けられそうで、進学先の候補にはいいでしょう。

サンディエゴ校(UCSD)

コミカレ⇒サンディエゴ校(UCSD)・編入者数ランキングTOP10

順位コミュニティカレッジ編入者対応生徒率留学生比率
1De Anza College2061:289.7%
2Santa Monica College1941:309.9%
3San Diego Mesa College1851:331.1%
4Pasadena City College1831:263.1%
5San Diego Miramar College1501:380.4%
6MiraCosta College1331:241.3%
7Diablo Valley College1151:265.6%
8Irvine Valley College1071:296.8%
9Palomar College1021:261.0%
10Mt San Antonio College851:241.6%

トップのデアンザカレッジは、UCBやUCLAのランキングでも上位にランクインしていましたが、UCSDやデービス校(UCDavis)への編入に強いコミカレ。そのため、UCSDを目指すのであれば、デアンザを第1志望校で考えておくと間違いないでしょう。また、ランキング内の10校の編入者数を見てみると、そこまで大きな差は見られませんが、サンディエゴメサカレッジ(San Diego Mesa College)やサンディエゴミラマーカレッジ(San Diego Miramar College)など、サンディエゴ内にあるコミカレがランクインしているのが特徴的ですね。ただ、どちらも対応生徒率があまりよくなく、留学生も少なめなので、外国人に対する編入関係のサポート面はあまり期待できないかもしれません。そして、このランキングも留学生比率に注目すると、留学生が少ない学校とそうでない学校とできっぱり2分されているので、志望校を考える目安としては、わかりやすいかと思います。留学生へのケアを考慮すると、7位のディアブロバレーカレッジや8位のアーバインバレーカレッジ(Irvine Valley College)も選択肢に入ってくるかな、という感じですね。

このように、UCトップ校が志望校ということであれば、大学別に上記のランキングを参考にしながら、候補を絞ってみてください。UCトップ3のどれかに合格できればいいということであれば、サンタモニカカレッジやデアンザカレッジなど、3大学全てのランキングで上位に入っているコミカレを選定してみてはいかがでしょうか。

<出典>

編入者総数: https://www.universityofcalifornia.edu/about-us/information-center/transfers-major

(2021年度 By community College)

合格率:https://admission.ucla.edu/apply/transfer/transfer-profile/community-college (2021年度)

対応生徒率:

https://www.internationalstudent.com/school-search/usa/california/?SchoolSearch%5Bstate%5D=California&SchoolSearch%5BsearchDegree%5D=62&SchoolSearch%5BschoolName%5D=&page=1(2018年)

留学生比率:https://www.collegefactual.com/colleges/

UC(9大学全体) 編入者数ランキングTOP10

UCへ編入することは決めたけど、志望校はまだ決めかねているという方もいるかもしれません。そのような場合、UC編入の実績が高いカレッジへとりあえず進学するというのも1つの方法です。以下のランキングは、2019~2020年にUC(9大学全体)へ編入した学生の総数を多い順から並べたものです。参考までに、過去2年分の編入者数も並記してあります。隣のカッコ内の数字は、その年の編入者数を比較した場合の順位です。

コミカレ⇒カリフォルニア大学(UC 9大学全体)・編入者数ランキングTOP10

(2017-2020年)

順位コミュニティカレッジ2019-20202018-2019  2017-2018
1Santa Monica College1,1971,272 (1)1,289 (1)
2Pasadena City College826815 (4)783 (4)
3Diablo Valley College824978 (2)938 (3)
4De Anza College811913 (3)938 (2)
5Santa Barbara City College681697 (5)648 (5)
6Irvine Valley College677581 (6)578 (6)
7Mt San Antonio College475483 (7)497 (7)
8Orange Coast College419477 (8)481 (9)
9El Camino College418388 (10)392 (10)
10Foothill College405465 (9)481 (8)

3年度分全ての順位でダントツ1位にランクインしているサンタモニカカレッジ。中でもUCLAへの編入者数が圧倒的なコミカレですが、他のUC大学への編入実績も安定しています。そのため、UCの志望校に悩んでいる方はとりあえずここを選んでおくとよさそうです。2位のパサディナシティカレッジもUCトップ校の編入で高い実績がありますが、UC大学全体に満遍なく編入者を送り出しているので、これといった志望校を決められていない場合にもおすすめです。3位のディアブロバレーカレッジと4位のデアンザカレッジは過去2年と比較すると、順位が下がり気味ですが、相変わらず上位をキープしていますね。特にデアンザは、トップ3大学のランキング全て5位以内にランクインしており、編入数もバランスが取れていることから、UCの大学を決めかねている学生にとっては、いい環境かもしれません。その他のコミカレは、例年通りの順位といった感じですね。

<出典>

2019-2020:

https://www.smc.edu/student-support/academic-support/transfer-center/statistics/documents/2019-20/2019-20_total_transfers_to_uc.pdf

2018-2019:

https://www.smc.edu/student-support/academic-support/transfer-center/statistics/documents/2018-19/2018-19_total_transfers_to_uc.pdf

2017-2018:

https://www.smc.edu/student-support/academic-support/transfer-center/documents/Transfer-Statistics/2017-2018/2017-18_total_transfers_to_uc.pdf

コミカレ選択で注意すべきこと

UCへ編入するためのコミカレを選択する際に注意すべきことは、出願に必要となる必須科目の履修に関して。アメリカでは、州ごとに編入システムがある程度統一されていますが、カリフォルニア州では、IGETC(Intersegmental General Education Transfer Curriculum)と呼ばれる教育制度が利用されています。IGETCは、カリフォルニア州内での編入をする場合、履修が必須とされており、UCも例外ではありません。基本的に、専門科目以外の、一般教養科目が対象となっていて、英語や数学、芸術など、指定された単位を履修しなければなりません。ただ、IGETCを通して取得した単位は、UC編入後も単位互換が可能なので、学生の負担が軽減されることが大きなメリットとなっています。そのため、UC編入を目指す学生は、手続きをスムーズに進めるためにも、カリフォルニア州内のコミカレを選択するようにしてくださいね。今回のランキングに入っているコミカレも、全てカリフォルニア州内にありますよ。

まとめ

志望校の選定には、長い時間がかかりますが、編入を成功へと導くためには必要な時間です。コミカレを選ぶ際は、どのような環境で勉強したいか(規模・都市・カリキュラムなど)、留学生はどの程度いるか、編入実績はあるか、などを丁寧に確認しながら候補を絞ってみてくださいね。今回のランキングが、少しでもみなさんのお役に立ったら嬉しいです。

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!