UCが選ばれる理由

1. 世界トップレベルの教育

■世界大学ランキング上位校


世界大学ランキング8位のカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)や米国公立大学ランキング1位のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)をはじめとして、9つのキャンパスのうち6つのキャンパスが世界大学ランキング100位以内に入っています。また、それ以外の3キャンパスも日本のトップ私立と言われている慶應義塾大学・早稲田大学よりも遥かに高いランクとなっています。

世界大学ランキング

第8位

UCバークレー

米国公立大学ランキング

第1位

UCLA

知名度・出願者数全米

第1位

UCLA

世界大学ランキング8位のカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)や米国公立大学ランキング1位のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)をはじめとして、9つのキャンパスのうち6つのキャンパスが世界大学ランキング100位以内に入っています。また、それ以外の3キャンパスも日本のトップ私立と言われている慶應義塾大学・早稲田大学よりも遥かに高いランクとなっています。

世界大学ランキング

第8位

UCバークレー

米国公立大学ランキング

第1位

UCLA

知名度・出願者数全米

第1位

UCLA

世界大学ランキング8位のカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)や米国公立大学ランキング1位のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)をはじめとして、9つのキャンパスのうち6つのキャンパスが世界大学ランキング100位以内に入っています。また、それ以外の3キャンパスも日本のトップ私立と言われている慶應義塾大学・早稲田大学よりも遥かに高いランクとなっています。

世界大学ランキング

第8位

UCバークレー

米国公立大学ランキング

第1位

UCLA

知名度・出願者数全米

第1位

UCLA

■最先端の研究とスポーツ名門校


1969年に世界で初めて「インターネット」を開発し、メッセージ送信を成功させたのは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームでした。2014年、青色発光ダイオードの研究によってノーベル物理学賞を受賞した中村修二教授は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の所属でした。この他にもカリフォルニア大学では、様々な最先端の研究を行なっており、現代の生活を支える発展に大きく貢献してきたと言えます。現在においても、1,000億円以上の資金を研究に費やし、各分野の研究を世界的にリードしています。
さらにスポーツでは、各競技における全米大学選手権での優勝回数は100を超え全米トップレベルです。特にUCLAバスケットボールチームは11回の全米優勝記録、そして、前人未到の88回の連続勝利記録を打ち立て、伝説とまで言われました。オリンピックでは、カリフォルニア大学群全体で551個のメダルを獲得しており全米大学群最多の結果となっています。

1969年に世界で初めて「インターネット」を開発し、メッセージ送信を成功させたのは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームでした。2014年、青色発光ダイオードの研究によってノーベル物理学賞を受賞した中村修二教授は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の所属でした。この他にもカリフォルニア大学では、様々な最先端の研究を行なっており、現代の生活を支える発展に大きく貢献してきたと言えます。現在においても、1,000億円以上の資金を研究に費やし、各分野の研究を世界的にリードしています。
さらにスポーツでは、各競技における全米大学選手権での優勝回数は100を超え全米トップレベルです。特にUCLAバスケットボールチームは11回の全米優勝記録、そして、前人未到の88回の連続勝利記録を打ち立て、伝説とまで言われました。オリンピックでは、カリフォルニア大学群全体で551個のメダルを獲得しており全米大学群最多の結果となっています。

1969年に世界で初めて「インターネット」を開発し、メッセージ送信を成功させたのは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームでした。2014年、青色発光ダイオードの研究によってノーベル物理学賞を受賞した中村修二教授は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の所属でした。この他にもカリフォルニア大学では、様々な最先端の研究を行なっており、現代の生活を支える発展に大きく貢献してきたと言えます。現在においても、1,000億円以上の資金を研究に費やし、各分野の研究を世界的にリードしています。
さらにスポーツでは、各競技における全米大学選手権での優勝回数は100を超え全米トップレベルです。特にUCLAバスケットボールチームは11回の全米優勝記録、そして、前人未到の88回の連続勝利記録を打ち立て、伝説とまで言われました。オリンピックでは、カリフォルニア大学群全体で551個のメダルを獲得しており全米大学群最多の結果となっています。

2. グローバル人材に成長

■自分に合った専門分野を英語で学ぶ


カリフォルニア大学では、幅広い専攻や科目が提供されているため、自分に合った進路や専門分野がきっと見つかります。また、これらの専門分野を英語で学ぶこととなるため、グローバル社会が求める人材に成長することができます。

3. 卒業後の進路が充実

■世界的企業への就職機会


カリフォルニア大学を卒業することで、進路の可能性が大きく広がります。Amazon・Googleといった世界的有名企業やNASAなどの非営利団体で活躍する卒業生もいれば、研究の為に大学院へ進んだり、起業をする卒業生も多くいます。グローバル社会において、 自身の進路を最大限まで広げ、さまざまな領域に挑戦できる。これこそが、カリフォルニア大学を卒業することの最大のメリットです。

■UC生限定の就職イベント


カリフォルニア大学の卒業生には、大手有名企業などへの就職機会が多くあります。これは、日本の企業などがカリフォルニア大学のキャンパスに訪問し、キャリアイベントや採用面接を実施しているためです。多くの留学生が集うボストンキャリアフォーラムなどとは異なり、少人数での説明会や面接、ディナーに参加できるのはカリフォルニア大学生の特権とも言えます。

■卒業後の年収データ


カリフォルニア大学(公式)によると、物価の違いはあるものの、UC卒の学生の平均年収は日本の大学卒の学生と比べ、著しく高い水準にあることが分かります。昨今、ニーズが高いコンピューターサイエンス学部などの学部に絞った場合にはより高い年収水準となる可能性もあります。


・日本の大卒の平均年収:令和2年賃金構造基本統計調査
・UC卒の平均年収:カリフォルニア大学(公式) 「UC alumni at work」より

■カリフォルニア大学の著名な卒業生


ソフトバンクグループ
代表取締役会長兼社長 孫 正義
サントリーホールディングス株式会社
代表取締役会長 佐治 信忠
Apple
共同設立  スティーブ・ウォズニアック
ゴールドマン・サックス
元代表取締役社長 山崎 養世
Google
元CEO//Alphabet元取締役会長 エリック・シュミット
スターバックスコーヒージャパン
CEO 岩田 松 
インテル
元社長兼最高経営責任者(CEO)  ポール・オッテリーニ
ウーバー・テクノロジーズ
創設  元CEO トラビス・カラニック
ソフトバンクグループ
代表取締役会長兼社長 孫 正義
サントリーホールディングス株式会社
代表取締役会長 佐治 信忠
Apple
共同設立  スティーブ・ウォズニアック
ゴールドマン・サックス
元代表取締役社長 山崎 養世
Google
元CEO//Alphabet元取締役会長 エリック・シュミット
スターバックスコーヒージャパン
CEO 岩田 松 
インテル
元社長兼最高経営責任者(CEO)  ポール・オッテリーニ
ウーバー・テクノロジーズ
創設  元CEO トラビス・カラニック
ソフトバンクグループ
代表取締役会長兼社長 孫 正義
Apple
共同設立  スティーブ・ウォズニアック
Google
元CEO//Alphabet元取締役会長
エリック・シュミット
インテル
元社長兼最高経営責任者(CEO) 
ポール・オッテリーニ
サントリーホールディングス株式会社
代表取締役会長 佐治 信忠
ゴールドマン・サックス
元代表取締役社長 山崎 養世
スターバックスコーヒージャパン
CEO 岩田 松 
ウーバー・テクノロジーズ
創設  元CEO トラビス・カラニック

■カリフォルニア大学の同窓会


卒業後の同窓会は、米国本国だけでなく、日本でも行われています。歴代の卒業生だけでなく、大学総長や教授陣が日本に来るなど、同窓会は盛大に行われます。日本の経済界や学術界をリードする面々が一同に集結する貴重な機会でもあり、今後のキャリアにつながるネットワーキングができることや、米国で出会った仲間や先輩との交流が続けられるのも魅力の一つと言えます。