UC編入プログラムの強み

1. 手厚い学習サポート

コミュニティ・カレッジ入学時に必要な英語力とは

コミュニティ・カレッジに入学するための英語スコアの最低ラインは、英検2級レベルです。U-LABOのUC編入プログラムでは、英検2級レベルの方でも、レベルに合わせたサポートを行い、UC編入に導いています。一方で、アメリカでの生活や学業の基礎となる英語力を持つことで有利に進められるのは事実です。U-LABOでは、日本の専門英語塾や現地語学学校との提携を通じて、英語学習をサポートしております。


最低ラインは

英検2級

レベル


トップ校卒業を見越した学力の底上げ

UC編入プログラムの最大の特徴が、世界最難関校であるUCへの編入からUC卒業までを見越した学力の底上げを後押しする体制にあります。UC編入プログラムにおいて、高校3年生時点で高い英語力と学力を有している必要はありません。その分、コミュニティ・カレッジに在籍する2年間で、たくさん勉強をしてUC編入レベルの学力へと引き上げていくこととなります。U-LABOでは、コミュニティ・カレッジ課程における指導や定期カウンセリング、学習の役に立つ情報発信などを通じて、学生の自発的な勉強と学力の向上を全面的にサポートしていきます。こうした2年間の学習を通じて、編入生も1年次入学生に劣ることのない学力を身に着けることが可能となるのです。

安心の家庭教師(チューター) – オプション

UC編入プログラムでは、これまで多くのUC合格者を輩出してきましたが、これらを支えるのがオンライン家庭教師(チューター)の存在です。成績を維持するのに必要不可欠な文系・理系科目のテスト対策など、多岐に渡るコミュニティ・カレッジの勉強をサポートしています。コミュニティ・カレッジの授業は で行われるだけでなく、どれも専門的な内容です。またコミュニティ・カレッジにおける1年次・2年次は、一般教養課程として、幅広い教科の授業を履修する必要があります。難しい教科や苦手教科があった場合のために、経験豊富な日本人チューターが文系・理系教科の学業をサポート致します。

※具体的なサポート対象教科は、カウンセラーにお尋ねください。