「アメリカの大学に入学するのは簡単だけど、卒業するのは難しい」という話を良く耳にしますが本当でしょうか?

今回は、アメリカの4年制大学を飛び級し計3年で卒業した弊社代表の体験をもとに、 どのようにして3年で大学を卒業できたのか、そして、3年で卒業することでどういうメリットがあるのかについて紹介していきます。

入学から卒業までの経緯(弊社代表の場合):

コミュニティーカレッジ(いわゆる短期大学)に2年通学

→ カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に編入学

→ 3年生を飛び級し4年生だけ通う

→その後、学士を習得・卒業

それでは早速見ていきましょう!

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

大学を3年間で卒業するメリットとは?

はじめに、大学を3年間で卒業するとどんなメリットがあるのかをお話しします。 ご紹介したいメリットは3つ。 1. 大学の学費を節約できる 2. 就活でアピールできるので内定をもらえる確率が高くなる 3. 同級生より早く実務経験を得ることができる

1.大学の学費を節約できる

これは一番大きな利点ともいえます。 高額な大学の授業料を1年間支払わなくて済むのに加え、生活費もカットすることができるため、大きく学費を節約することができます。

カリフォルニア大学の受講料を例にあげると、

・カリフォルニア大学ロサンゼルス校における1年間の授業料:450万円

・カリフォルニア大学での1年間の生活費(寮などに入った場合):200万円

2年間で、1300万円もの費用がかかるUCLAへの通学を、1年間飛び級することで650万円節約できるのです。 それでもまだ高額ではあるものの、学費の安いコミュニティーカレッジに2年間通学し、カリフォルニア大学を1年間で卒業することができれば、大きく学費を抑えることができるということになります。

2.就活でアピールでき、内定をもらえる確率が高くなる

「3年間で大学を卒業した」というポイントは、大学で学業に打ち込んでいたという印象を残すことができるので、就職活動で有利になることが多いです。

実際に弊社代表は、就職活動中に「3年で大学を卒業した」ということをアピールポイントとして使うことで、面接を受けたほとんどの企業から、内定をもらうことができたそう。

3.同級生より早く実務経験を得ることができる

飛び級をすることにより、同級生よりも早く入社し、実務経験を積むことができるため周りと大きな差をつけることができます。

入社してから2年目、3年目くらいには、インターンとして働く学生のメンターとして選ばれることもあったり、大きなプロジェクトを任されたりと、一足早く、多くチャンスを掴むきっかけにもなります。

それでは、早速、アメリカの大学をどのように3年間で卒業することができるのか、その方法に迫ります。

条件さえ揃えばいつでも卒業できる

大学を3年間で卒業するための大きな要因は、「条件さえ揃えばいつでも卒業してもよい」というアメリカの4年制大学のシステムのおかげとも言えます。

日本の大学では4年間通うのが一般的ですが、カリフォルニア大学やその他のアメリカの大学では、早期卒業制度がほとんどの場合で整備されており、条件さえ満たせば、いつでも卒業可能なのです。

ちなみに、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)において卒業に必要な条件は、

・180単位を取得すること。

・その中の60単位は上級クラス(Upper Division)の単位を取得すること。

・上級クラス(Upper Division)の60単位のうち45単位は、専攻のクラスで取得すること。

・UCLAでのGPAは2.0以上を維持していること。

・専攻からの必修科目を履修すること。

このようになっております。 諸々の条件はあるものの、要するに180単位を3年で履修できれば卒業できる、ということです。※クオーター制の場合

とはいえ、180単位を3年間で終わらせることはかなり難しい…

180単位を3年間で履修できれば卒業できるとはいえ、実際はそう簡単ではありません。

3年で180単位となれば、1学期あたり20単位履修する必要があり、1教科あたりでは3~4単位。つまり、1学期あたり6教科近く履修しなければならない計算となります。

1教科あたりの課題が多いアメリカの大学において、普通の学生は、1学期あたり3~4クラス履修するのが普通と言われているため、3年で大学を卒業するには、勉強がかなりハードになり、厳しい条件となっています。

戦略的な履修計画を立てることがカギ

3年間で卒業するために有力なのは、カリフォルニア大学編入制度をしっかりと理解し、戦略的な履修計画を立てることがカギ。 何も知らずに3年で卒業をするための単位数を履修し高いGPAを維持するのは難しく、間違えると3年で卒業できなくなり、むしろ払う必要のない学費を払う恐れもでてくるでしょう。

U-LABOでは、早期卒業を確実に達成したい方のために、以下のようなサポートを提供しています。

履修計画

1学期以上の早期卒業を達成するための戦略的な履修計画を作成します。また、1学期に難しい授業を多く履修するのは、留学生に取って非常に困難なため、カレッジでのクラスや教授情報を元に、難易度の高いクラスを一度に履修することを避け、無理なく高い成績を取れるようコントロールしていきます。

カレッジのプレイスメントテスト対策

3年間で大学を卒業するには、初めのプレイスメントテスト(クラス分け)が非常に重要で、英語と数学のプレイスメントテストで悪い点数を取ってしまった場合には、低いクラスに振り分けられ、2年間でカレッジを卒業できない恐れもでてきます。

そのため、プレイスメントテストの実際の過去問を使い、対策を行っています。

特に、数学に関しては一度失敗すると、理系の学生の場合、本来は2年~3年で編入できるところが4~5年かかってしまうなどということもあり得る話です。というのも、通常、数学は履修の順番が決まっており、段々とレベルアップしていく方式を取っている(低いレベルを受けていたのに、次学期に2レベル上のクラスを取る、といったことができない)ためです。

U-LABOでは、こうした事態を防ぐため、英語での数学対策コースを受講生向けに無料でご用意しています。

エッセイの添削

アメリカのカレッジではエッセイの課題を多く出され、全体の成績に対しても非常に高い%を占めるため、しっかりとした対策を練る必要があります。

U-LABOの編入サポートでは、カレッジの授業におけるエッセイ添削も実施しており、しっかりとしたサポートと対策をとっていくことができます。

※これらはU-LABOのサポートのほんの一部にすぎません。サポート内容について詳しく知りたい方はぜひ一度お問い合わせください。

最後に

入学するのは簡単だけど、卒業するのが非常に難しいと言われているアメリカの大学ですが、しっかりと計画し対策さえすれば、問題なく卒業でき、また早く卒業することもできます。

前述したように、飛び級制度があるアメリカの大学で早く卒業することには、たくさんのメリットもありますので、みなさんもぜひトライしてみてください!

U-LABOのサポートを受けた生徒は、1年飛び級を含め、平均して1学期以上の早期卒業を達成しています!早期卒業にご興味のある方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

世界の名門大学と言われるカリフォルニア大学へのU-LABO生合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!