カリフォルニア大学デイビス校(UCD)での語学研修を経て、コミカレからUCSD、UCSB、UCDの3校に合格したK.T.さん。

コミュニティーカレッジでの生活やUC出願手続きなどについて、詳しくお話を伺いました。
※インタビュー時点はUC合格発表前です。

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

Q. 留学を決意した時期やきっかけは何ですか?

私が留学を考え始めたのは、高校2年の冬頃でした。
それまでは日本の大学への進学を考えていましたが、その先でやりたいことなどが決まっているわけではありませんでした。
そんな中で、コミュニティカレッジから四年制大学に編入するという方法を知り、二年間大学レベルの授業を実際に受けながら学部を考えられる点や、アメリカの大学では日本の大学よりも授業の比重が大きい点から、留学を決意しました。
(実際にアメリカの学生は学業と学校外での活動の両方に対する意識が高く、良い刺激になっています。)

Q. 留学するまでの課題は何だったのでしょうか。

当時、かなり以前から日本での受験を考えていたため、留学という選択肢を周囲に打ち明けてからは、反対もありました。
ただ、私の中では米国大学への留学の意思が固まっていたこともあり、私自身何度か短期留学の経験があったこともあり、高校の先生や両親も次第に納得してくれるようになりました。
次に課題となったのは英語でしたが、留学を決めてからは高校のネイティブの先生に授業外でエッセイの書き方等を教えてもらうようにしていました。
また、高校卒業後からコミュニティカレッジ入学までの間に、カリフォルニア大学デイビス校(UCD)の留学生向けプログラムに参加していたのも入学後の英語力の助けになったと感じています。
UCDのプログラムにでの成績がコミュニティカレッジへの編入時に考慮されるので、TOEFLやTOEICを始めとしたテストは受けませんでした。
UCDのインターナショナルプログラムでは、「リーディング」・「ライティング」・「文法」・「カリフォルニア大学について学ぶセミナー」の4つの授業があり、英語で長文を読み書きする力が身に付きました。
アメリカの大学で要求されるエッセイの形式などについても学んだので、カレッジでの授業にもスムーズに慣れることができたのだと思います。
もちろん授業はネイティブの先生による英語での授業なので、聞く力も身に付きます。カレッジに向けての準備としては非常に良い経験でした。

Q. カレッジでの生活について教えてください。

UCDのプログラムに通っていたころは、ホームステイを利用していましたが、コミュニティカレッジに編入してからはアパートでルームシェアをするようになりました。
ホームステイのメリットは様々ですが、ほとんどのホストファミリーの方は積極的に生活面でのサポートをしてくださるので、一人暮らしによる苦労が軽減されるためおすすめです。
また、家庭によっては様々な経験をさせてくれるようなところもあります。
ただ、人と人とのかかわりになるので、合わない家庭とのマッチングになったというケースも少なからず耳にします。
そういったときはホームステイ先を変えてもらうなどする必要があるのかもしれません。
アパートでのルームシェアでは、僕自身がルームメイトとの生活習慣や価値観の違いなどで苦労することもあったので、個人的にはホームステイを利用してよかったと思っています。

Q. カレッジでの授業について教えてください。

さらにカレッジに関して、まず授業の豊富さに驚きました。
編入先の大学や学部にもよりますが、日本よりも自分のニーズに合った授業選びができます。
編入や授業に関して相談できる、カレッジ所属のカウンセラーを頼ると効率のいい授業の取り方や編入のポイントなどは効率よく出来るので、少しでも不明な点があったときはすぐに話を聞きに行くようにしていました。
アメリカの大学のことや編入について最初から詳しい留学生は少ないですし、選択肢の広さもあって、日本と比べてカウンセラーの利用者はかなり多いです。
利用できる施設はできる限り使って分からない点を消すことは成功のための一つのポイントだと思います。
授業の難易度も選択する授業によって様々ですが、どの授業もエッセイやレポートを要求されることが多く、慣れていないと大変に感じるかもしれません。
特に、多くの場合で必修の英語には私自身も苦労しました。
そんな時は教授のオフィスアワーやチューターに相談するととても親身に対応してくれるので、積極的に利用すると大きな助けになると思います。

Q. U-LABOのサポートを受けてみて、どう感じましたか?

コミュニティカレッジからUCに編入するにあたり、U-LABOさんに出願願書の記入代行とエッセイ(Personal Insight)のブレストや添削をして頂きました。
最初は、自分で願書を入力していたのですが、分からない部分や不安が残る部分も多かったのでU-LABOさんに入力してもらうことにしました。
U-LABOさんが願書の記入に必要な情報を日本語の質問表にして送ってくださるので、それに回答するだけでよく、自分で直接願書を入力するよりも確実で手間も軽減されるので、エッセイや大学の課題などに専念できたと思います。
また、履修科目の確認もしてもらえるので、万が一履修にミスがあった場合なども安心できます。

UC編入の際に必要な4つのエッセイとActivities/Awardsの欄は自分自身に関するエッセイを書く必要があるのですが、U-LABOに提供して頂いたスケジュールに従うことで体系立てて進めていくことができました。
また、UCLA卒業生によるブレストも行ってもらえるので、エッセイの題材や流れも最適なものを見つけていくことが出来ます。
言語学専攻のネイティブの先生による添削でも自分では気付かないような点を具体的に指摘して貰うことが出来、とても参考になりました。
U-LABOを知らなかったら出願出来ていなかったかもしれません。

Q. 今後の目標は何でしょうか?

私はアメリカで経営学を学び、日本でその経験を活かしていきたいと考えています。そのためにカリフォルニア大学への編入に向けた準備をしている最中です。簡単なことではないかもしれませんが、目標に向けて精進していきます。

ありがとうございました!

※2021年度、K.T.さんは無事UCSD、UCSB、UCDの3校に合格されました!本当におめでとうございます!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!