U-LABO卒業生のKazutaさんに、体験談をお伺いしました。

Kazutaさんは、一度日本の大学受験に失敗してしまいましたが、その失敗をバネに、異国の地で再挑戦をし、最終的にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学されました。

大学受験への失敗という紆余曲折があったKazutaさんだから語れる体験談となっています。是非ご一読ください!

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

Q. 留学を決意した時期やきっかけは何ですか?

高校時代、サッカー部に所属していましたが、怪我をしてサッカーを辞めなければならなくなりました。

何もやることがなくて悶々としていたところ、英語の先生に国際教育部という英語の部活に誘われたため入部。

ここから嫌いだった英語にのめり込み、英語の面白さに気づくことができました。また、英語の先生が可愛かったことも要因の一つです。笑


高校は進学校だったため、日本の大学への進学を考えていましたが、なんと受験では志望校に全落ち。

浪人生活が決まったわけですが、もともと、東京に出たいという気持ちがあったため、まずは東京にある英語学校に通うことにしました。

そこで、更に英語に興味を持つようになり、留学を決意。

学校の先生には日本の大学への進学を進められ、あまり賛同してくれませんでしたが、両親は昔からやりたい事を応援してくれる親だったので、今回も、「本気でやりたいなら」と留学を後押ししてくれました。

Q. なぜカリフォルニアやUCを選びましたか?

周りの友達の影響が強かったです。他にはカナダやオーストラリア等の選択肢がありましたが、もともとアメリカに対する憧れもあり、 最終的にアメリカを選択しました。 

渡米前は、ロサンゼルスというと「ハリウッド映画の華やかな街」というのをイメージしていたので、充実した生活ができるのではないかと思っていました。しかし、実際にカリフォルニアに住んでみると、結構不自由なことが多かったです。例えば、移動手段が全然なく、物価も高い、など。

ですが、両親とは離れ、異国の地で一人で暮らすという体験を通じて、自分自身で物事を解決できるようになり、自信を持てるようになった気がします。

高校ではあまり成績が良くない方でしたが、コミュニティカレッジでは、最初のセメスターを終えた段階で、GPAフルスコアの4.0を獲得できました。

コミュニティカレッジでは、一度きりの試験で成績を決めるのではなく、毎回の授業や課題などでこつこつと成績を積み上げていくスタイル。このの勉強方法が非常に自分に合っていたんだと思います。

コミュニティカレッジでの好成績を受けて、自分も世界トップ校であるカリフォルニア大学を目指すことができるのではと考え始めるようになり、最終的には、UCLAを含めた複数のUCに合格することができました。

Q. Palomar力レッジでの2年間の勉強の末、カリフォルニア大学複数校に合格されました。メジャーは何ですか?

Asian Studyです。

最初はSociologyにすることを考えていましたが、U-LABOのサポートを通じて、自分のGPAや自分の興味関心に合ったメジャーを決めることができました。

Q. U-LABOはどこで知りましたか?また、サポートを受けてみて、どう感じましたか?

友人からの紹介でした。最初は編入エッセイも自分で書いて提出しようと考えていましたが、なかなかうまく進みませんでした。どういったエ ッセイがUCに評価されるのか等、全くわかっていませんでした。
実際にサポートを受けてみて、最高でした。エッセイを書くだけでなく、エッセイを書く前のアイディアを出すところからサポートして頂けたので、エッセイに取り組みやすかったです。そもそも豊富な人生経験もなく、何を書けばいいのか、どんな内容が大学側に好印象を与えるのかも何も知らない状態でした。
しかし、U-LABOのスタッフの方とアイディアをブレインストーミングしていく中で、どのアイディアが良いか悪いかを第三者の立場に立って判断してもらえました。
力レッジでは日々の授業で忙しく、エッセイがどうしても後回しになってしまっていましたが、アイディアのブレインストーミングから、エッセイ完成までのプロセスを明確にし、スケジュールを組んでもらえたので、やることが明確になり、取り組みやすかったです。
また、エッセイを受け取る側である評価者・アメリカ人の気持ちを考え、エッセイを添削してもらえたのが印象的でした。日本では通じるけど、アメリカではこういう表現はしないなど、文化の違いという観点から添削をしていただけました。
私は、出願した際のGPAが低かったこともあり、エッセイのおかげで受かったと思っています。

カリフォルニア大学合格体験談KazutaさんーUCLA-ULABO生インタビュー

Q. UCLA入学後に期待していることは?

コミュニティーカレッジではできないことを経験したいと思っています。また、様々なコミュニティーに参加し、自分自身の価値観を広げていきたいと思っています。

ありがとうございました!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!