UCBへの留学!チャレンジした先に、見える景色がある

日本の大学に通っていたが、留学した友人の話を聞いてとても充実しているように見えた。

一度きりの人生だから、後悔したくない!そう思って、留学にチャレンジしました。留学までの道のり
や、U-LABOのサポートについて、お話を伺っていきます!

Q.留学のきっかけを教えてください。

留学していた同級生の話を聞いたことがきっかけです。その時、僕は日本の大学に通っていました。なぜ日本の大学に進学したのか、と聞かれたら、親に「行きなさい」と言われたから。
特にこれがしたい、というような目的意識は持っていませんでした。
そんな時に、アメリカに留学していた同級生と話す機会があったんです。同級生は一時帰国で日本に帰ってきていました。アメリカでの話はどれもワクワクさせられて、輝いて聞こえました。その同級生の話がターニングポイントでしたね。そうなると、自分の生活と比べてしまいますよね。自分は日本で一体何をしているんだ、って。

僕は小さいころからスポーツが好きで、特にアメフトに興味がありました。実は、スポーツ文化の強いアメリカに、あこがれを持っていたんです。同級生の話に触発されて、大学生活をこのまま終わらせたくないなって思ったんです。挑戦してみたくなったんですよね。あこがれのアメリカでスポーツをしながら、大学生活をもう一度過ごしてみたいと思ったんです。
まずは、コミュニティカレッジに通うことにしました。2年間通って、その後UCに編入という形を取りました。

Q.U-LABOのサポートで印象的だったことを教えてください。

U-LABOのサポートを受けていました。コミュニティカレッジに入ってから卒業するまでの2年間、お世話になりました。UC出願に特化したサポートが印象的です。実は、UC等の米国大学に受かるためには、日ごろの行動も大事なんですよね。もちろん高いGPAも大切なんですけど、それに加えに、日ごろの行動や生活面も重要視されているんです。メジャーに関する知識はもちろん、リーダーシップや問題解決力、社交性、継続力があるかどうかなど、人間性を見られているような感じです。

U-LABOは、自分が不足している部分も含めてサポートをしてくれます。自分ひとりではなかなか気づかなかったり、行動できなかったりするんですよね。僕の場合は、課外活動などの細かい部分まで情報やアドバイスがあって、なかなか行動できていなかった自分の背中を押してくれ、とても助かりました。UCを目指す学生さんが、それぞれ強くなれるようなサポートをしてくれると思います。

U-LABOの編入サポートは、アメリカで広く取り上げられているSTEM領域にも対応しています。最後までしっかりサポートがあったので、自信を持って出願できました。編入出願の際には、自分の総合力をうまくアピールすることができたと思います。今、自分がUCで学べているのは、U-LABOのおかげです。僕にとって、U-LABOはまさに恩師のような存在です。

Q.留学を考えている人にメッセージをお願いします。

挑戦するのって、エネルギーもたくさんいるし、不安も伴うと思います。でも、挑戦してみた人にしかわからない、見えてこない世界があると思います。僕は留学にチャレンジしてみたからこそ、今の景色に出会えています。挑戦すること自体に価値があるんだなって思いました。貴重な経験をできていると思います。僕自身、これからも挑戦し続けていきたいですし、迷っている人はぜひチャレンジしてみてほしいなと思います。

U-LABOでは、10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

↓無料の資料請求はこちらから↓