このまま普通に進学していいのかな、甘えたまま過ごしていいのかな。今後の進路に疑問を抱いて、最終的に出た結論は留学だったという小谷田さん。気になる留学までの経緯や、留学後の生活について、お話を伺いました!

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

留学をしようと思ったきっかけを教えてください。

進路について考え始めたのは、中学生のころです。このまま高校、大学と進学するのかな、と漠然と思っていました。でも、日本の大学に行くと、遊んで過ごしてしまうのではないか、と危機感を持ったんです。日本の大学に対して、そんなイメージがありました。もちろん、偏見だとは思うんですけどね。でも、私は周りに流されるタイプなので、日本にいたら遊んでしまうのではないかって思ったんです。それで友達に相談したら、外国の大学、アメリカの大学もありなんじゃないか、って言われたんです。英語は好きだったので、それもいいな、頑張ってみようかな、と思ったのがきっかけです。日本だったら、甘えられる親も身近にいるので、それもよくないかなと思って、自分を追い込む形で留学を決めました。

留学を決めたときの家族の反応はどうでしたか?

反対されました。留学を甘く見ているのではないか、一時の感情なのではないか、と言われました。その時は、私も家族も、留学に関する知識はありませんでしたし、もちろんお金の心配もあったと思います。

そこで、両親から条件を出されました。英検2級以上を取得できれば、本気だと認めて応援する、という条件でした。もちろん、頑張って勉強しました。まじめに努力して勉強していた姿を見てくれていたのか、途中からは留学について前向きに考えてくれるようになりました。

留学先にアメリカを選んだ理由を教えてください。

当時は、アメリカに行きたい、と漠然と思っていました。留学のことは何もわからない状態で、コミカレのことも知りませんでした。高校生の時に通っていた留学学校で、卒業後はアメリカのコミカレに進学する人が多いと知りました。調べてみたら、私に合っているなと思ったので、選びました。

留学前に期待していたことを教えてください。

自立した生活ができたらいいな、と思っていました。日本にいたら、全部親任せになっていたと思うんです。日本の大学に進学して、一人暮らしをする選択肢もあったかもしれませんが、たぶん私は、それでもすぐ会いに帰っちゃうと思いました。それだったら、本当に物理的に離れて、絶対に会えない距離に行こうと思ったんです。

あと、外国の人との関わりも持ちたいと思っていました。日本にいる外国人の方って、比較的日本に対して好意的な人が多いのではないでしょうか。そうではなくて、日本が好きでもなんでもない人とも関わりを持ってみたいな、とも考えていました。

留学前に不安だったことはありますか?

ホームシックになるのではないかが不安でした。親と会えないさみしさで、ストレスが溜まってしまうのではないかと思っていました。留学生の中には、ホームシックになって途中から休学して、そのまま学校を辞めてしまう人もいると聞いたこともあります。そうならないように頑張らないといけないな、とも思っていました。親がお金を払ってくれて、私に期待して信じてくれているので、そのプレッシャーもありました。

実際に留学してみて、どうでしたか? 

一時期、ホームシックになってしまいました。アメリカに着いてすぐのころです。電話越しではなくて、目の前で直接親と話したい気持ちでいっぱいになりました。でも、ホームステイ先の方がすごくいい方だったんです。本当に家族みたいな感じで接してくれたので、徐々に慣れていきました。今は全然平気です。むしろ、あまり連絡していないかもしれません。笑 こっちの生活に慣れすぎてしまったのかもしれませんね。

アメリカは、道路など、すべての規模が大きくて驚きました。空気も全然違って、解放感がすごいです。自分の存在の小ささに気づいたような気がします。

ホームステイ先はどのようにして探しましたか?

留学学校が紹介してくれました。ホームステイ先からコミカレは遠かったのですが、ホームステイ先の人が毎日車で送り迎えをしてくれたんです。仕事に行くついでだからいいよ、みたいな感じで。時々スーパーに行って、日本の食材を買って料理もしていたので、食事のストレスもありませんでした。

アメリカでの思い出を教えてください。

コロナの時期だったので、そんなに活動はできていないんです。普段は、自転車で近所の公園に行くくらいでした。学校の友達とは、授業以外だと、一緒にクラブ活動やレストラン巡りをしました。テニスサークルに参加したり、タピオカ屋さんに行ったりもしていました。

遠出と言えば、遊園地、シックスフラッグやサンフランシスコの花火を見に行ったことですかね。サンフランシスコは遠かったんですけど、電車やタクシーを乗り継いで行きました。道中、日本とは違う人や町の雰囲気を肌で感じることができて、新鮮で面白かったです。制限はありながらも、毎日楽しく過ごしていました。

編入時のGPAはどれぐらいでしたか?

3.7か3.8だったと思います。

留学前は、学校の授業にはついていけていた、くらいの英語力でした。英語は好き、だけど、すらすらとは話せなくて、本当に教科書通り、文面通りのことしか話せない、みたいな感じです。ネイティブと話せるレベルではありませんでした。

留学を決めた時には、英単語を中心に覚えていきました。でも、あまり無理をしすぎて詰め込み過ぎると英語を嫌いになってしまうかなと思ったので、時々は映画を観て勉強していました。自分に合った方法で吸収して、楽しみながら勉強していましたね。適度に力を抜きながら、頭に入れていました。

メジャーについて教えてください。

メジャーは、International Development Studies (国際関係開発学部)です。もともとの専攻はグローバルスタディーズだったのですが、編入後に変更しました。最初の学期で授業を受けてみて、グローバルスタディーズは学ぶ範囲が広いことに気がつきました。私は、幅広くというよりは、より深いところに焦点を当てて学びたいと思ったので、次の学期から専攻を変更しました。専攻を変更するのは、学部によっては不可能かもしれませんが、私の場合は可能でした。

UCLAからの合格通知がきた時にはどのような想いでしたか?

編入試験に合格した時は、すごく喜んでくれました。合格通知が自分のところに届いたときは、そうなんだ、くらいに思っていたんですが、親に連絡したら、深夜だったのにも関わらずすぐにレスポンスが来たんです。それを見て、やっと実感が湧きました。私、頑張ったんだな、と思って、すごく嬉しかったです。

編入後、UCLAでの授業の印象はどうですか?

コミュニティーカレッジの授業で多い課題をこなすという形ではなく、自分で何かをリサーチしてエッセイを提出することが多い印象でした。だから、自分で時間配分を決めて進めていかないといけません。

リーディングやディスカッションも多いです。アウトプットを上手くやっていかないと、全然ついていけません。周りの人はたくさん発言しているのに、自分は簡単なことしか言えなくて、始めのうちは、そこに苦労しました。

あと、最後の最後に、やっと対面で授業ができたんです。やっぱり、オンラインより対面の方がいいなと思います。面白い先生も多いので、やっぱり対面授業の方が楽しかったですね。

留学を検討されている方にメッセージをお願いします。

私は、留学して自分の視野が広がりました。いろんな人種の方と知り合えて、色んな考え方に触れることができたんです。同じ学生には、仕事をしながら通う人や、お子さんがいる方も多かったです。自分とは違った生活環境や経験を持つ人との交流は、学ぶことも多かったですね。

留学は、憧れだけでは難しい面もあると思います。本当に留学したい人は、覚悟を決めて早めに決断して、しっかり準備することをおすすめします。

ありがとうございました!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

世界の名門大学と言われるカリフォルニア大学へのU-LABO生合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!