アメリカで最も多い出願数を誇るといわれる大学、UCLA。過去卒業生からは200名以上のメダリストや14人以のノーベル賞受賞者を輩出するなど、世界的名門大学としても知られており、日本国内でも入学を憧れる人が多くいる人気の高い大学です。

今回は、UCLAへの進学を目指しているかた、また、実際に通学している方へ向けて卒業後の進路についてどういう選択肢があるのか、その実態を解説していきます。

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

UCLA卒業後の進路は主に3通り

UCLA卒業後の進路としては主に以下の3つがあると考えられます。

①日本で就職する

②アメリカで就職する

③アメリカで起業する

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

①日本で就職する

UCLA卒業後は、日本に帰国して就職する卒業生が最も多く、全体の半数以上を占めています。留学生活で培った「語学力」「多様性」は高く評価され、特に海外拠点をもつ日本企業は英語ができる人材を重宝する傾向にあるのも事実。ビジネスで活かせる英語力を強くPRすることで、外資系企業やコンサルティングファーム、大手商社、メガバンクなどでの就職が期待できます。

②アメリカで就職する

2番目に多いのは、卒業後もアメリカに留まり就職するという方法。UCLA卒業生全体の1~2割を占めます。業種としては、監査法人やエンジニアなど。

ただし、アメリカで就職するともなれば、ビザにも注意する必要があります。

働くためには、「就労ビザ」の取得が必要になってくるわけですが、取得するのはそう簡単ではありません。現地就職を検討している人は、就学過程から専攻科目で対策をとる、学生ビザのまま働ける制度(OPT)の利用についても検討をしてみるなどのプランを予め考えておくことも大切です。

③アメリカで起業する

UCLA卒業生の中には、就職という進路を選ばず自ら起業・独立を決める人もいます。

昨今、オンラインで起業をする人も主流となってきており、パソコン一台あれば自らのスキルとアイデアで新たなビジネスをスタートさせるという選択肢も大いにあります。

UCLA卒業後の起業を目指す場合は、在学中に積極的に多くの人と交流し、人脈をつくっていくことの意識も大切です。そこから、新たなビジネスのアイデアやチャンスにつながる可能性も高まるはずです。

UCLA卒業生としての年収への影響

UCLAは「卒業後の高収入が見込める公立大学8校」(参照:Study in the USA)のひとつとしても取り上げられており、留学生が検討すべき学校としても紹介されています。

卒業生の平均中途年収は9万8000ドル~11万ドルで、日本円にすると約1200万~1300万程度。

一方で、日本国内で就職の場合、これといって大きく年収上がるわけでもなく、目安としては、日本国内の一流大学卒と同等またはそれ以下になると考えられます。別途、海外勤務であれば、給与にプラスして「海外赴任手当」が受け取れる可能性もあります。

卒業後のネットワークについて

UCLA卒業後のネットワークとしては以下2つがあげられます

①Facebook、InstagramなどSNSのコミュニティ

②UCLA 日本同窓会 (UCLA Japan Almuni Association)

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

①Facebook、InstagramなどSNSのコミュニティ

UCLAはFacebookやInstagramのアカウントを保有しているので、そこを経由する、またはコミュニティを通じて交流を深める方法が一つです。

②UCLA 日本同窓会 (UCLA Japan Almuni Association)

2つ目にUCLA日本同好会の利用。

起業やベンチャービジネスのサポート、ネットワーキングの強化を行っているUCLA日本同窓会では、約1200名の会員による活動があり、交流を広げたい卒業生に多数利用されているネットワークです。

卒業後のネットワークについては、それほど多くあるわけではないので、在学中から今後のキャリアを見据えて日頃から多くの人と交流を深め「繋がり」を持つことを心掛けていくようにしておくと良いですね。

まとめ

それでは、ここまで述べてきたUCLA卒業後の進路についてまとめていきます。

・UCLA卒業生日本へ帰国後、就職する人が半数以上

・2割程度はアメリカで就職または、企業し独立する卒業生もいる

・留学で培った「語学力」「多様性」は最大のPRポイントになる

・UCLAは卒業後、高年収が見込める公立大学のひとつとして紹介されている

・日本で就職の場合、UCLA卒業生といえど収入には大きく影響しないが、「海外就任手当」を受け取れる場合がある

・卒業後のネットワークとしては、SNSを経由しての交流や、UCLA日本同窓会の利用があげられる

もし、あなたがUCLAへの留学を検討している場合、また実際に通学している場合は、以上のことを踏まえ、これからのプランを考えていくといいでしょう。

貴重な留学生活。限られた期間。世界中から集まる多くの人との出会いや交流は今後のキャリアのためだけにとどまらず、これらの「人脈」は今後の自分の人生にも大きく反映します。

在学中は、課題等に追われ忙しくすることも多くなりますが、日頃からいろんな人とぜひコミュニケーションをとってみてください!

U-LABOではUCLAをはじめとする世界トップ大学への進学支援を行っています。ご興味のある方は是非一度お問い合わせくださいね。

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

世界の名門大学と言われるカリフォルニア大学へのU-LABO生合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!