スポーツがとても盛んな国アメリカでは、アスレチックトレーナーの位置づけが高く評価されています。

スポーツが好きで、スポーツを通じて世界で活躍する力を身につけたい方にとっては、とても魅力的な職業でしょう。

そこで今回は、アスレチックトレーナーとしてアメリカで働くための道のりについて、解説していきます。

U-LABOでは、

10年近く積み上げたノウハウを基に、

学生を確実にカリフォルニア大学に編入させるサポートを行っています!

これまでの合格実績はなんと100%。

UC編入プログラムの概要が分かる!
資料ダウンロードはコチラ

選手生命を支えるアスレチックトレーナー

アメリカは、スポーツがとても盛んな国です。オリンピックや世界選手権でもアメリカ国籍を保持している多くの優秀な選手が活躍しています。

スポーツ選手は、ケガがつきものです。ケガから復帰する際のリハビリトレーニングメニューを考えて、選手をサポートしたり、ケガをしないようにテーピングを施したり、アスレチックトレーナーは、選手の肉体的コンディションを整えます。

担当をする選手の選手生命が一日でも長く続くように、さまざまなケアをします。日本でも取得できる資格であるため、1度ぐらいは、アスレチックトレーナーという言葉をお聞きになられた方も多いのではないでしょうか?

アスレチックトレーナーの歴史はアメリカから!

今では日本でも市民権を得てきた感のあるアスレチックトレーナーですが、アスレチックトレーナーという職業が始まったのは、やはりアメリカ。

1950年、ミズーリ州カンザスに約200名のアスレチックトレーナーが集まり、トレーナー業についてカンファレンスを開催しました。これがNATA(National Athletic Trainers’ Association/全米アスレティック協会)の始まりです。

多くの人が目指す資格が「NATA-ATC(アスレティックトレーナー)」ですが、NATA-ATCは1990年、アメリカ医学界(AMA)によって准医療従事者として認定され、国家資格の扱いになりました。これにより、アスレチックトレーナーとしての職業が確立され、多くの人に広く認知されるようになったのです。

こうした背景もあり、アスレチックトレーナーの本場であるアメリカで学び、アメリカでアスレチックトレーナーとして働いてみたい!という方は多く、U-LABOにもよくお問い合わせをいただきます。

アメリカでアスレチックトレーナーになるには?資格取得の条件

アメリカでアスレチックトレーナーになる流れは、以下の通りです。

【資格取得のための3つの条件】

①アスレティックトレーニング教育認定委員会(CAATE)公認の4年制大学を卒業する(もしくは、大学院のアスレティックトレーナープログラムを卒業する)

②所定のインターンシップの単位を履修する(勉強時間は、卒業までに 700〜800時間必要とも言われています)

③大学(大学院)を卒業後に、BOCの開催する認定試験(certification exam)に合格する

アメリカでアスレチックトレーナーとして働くためには、NATA 認定の大学(あるいは大学院)を卒業し、「資格認定委員会BOC(Board of Certification)」が実施する試験に合格する必要があります。テスト内容は以下のようになっています。

【参考:テスト内容】

・傷害、疾病の予防と健康維持

・臨床評価とその診断方法

・応急処置と救急処置

・治療的な介入の手順

・医療管理と職務上の責任について

様々あるスポーツ系の資格の中でも最難関だと言われるこの試験ですが、受験するためにはNATA 認定の大学or大学院で必須科目を履修しなければなりません(②)。この必須科目は、本人がいくら希望しても、教授に指名されなければ履修する事が出来ないこととなっており、認定大学に入学してから1年後に、アスレチックトレーナーになるための勉強を続ける事ができるか否かが分かります(以下参照)。

そのため、大学・大学院選びから、大学・大学院での履修計画や立ち回りが非常に重要になってくるのが、アスレチックトレーナーの特徴です。

参照 :The major holds accredited status from the Commission on Accreditation of Athletic Training Education (CAATE). You must complete all application procedures and be formally admitted into the program at the end of the freshman year to pursue this major at Wesleyan.(West Virginia Wesleyan College)

まとめ

・傷害、疾病の予防と健康維持

・臨床評価とその診断方法

・応急処置と救急処置

・治療的な介入の手順

・医療管理と職務上の責任について

まとめ

国家資格であるアメリカのアスレチックトレーナーになるためには、さまざまな準備が必要です。日本では、専門学校で資格が取れる事が多いですが、アメリカ国内におけるアスレチックトレーナーの位置づけは高く、評価の高い職業とされています。

スポーツに興味があり、選手にケガをさせない、又ケガをした選手をサポートする事に興味がある方は、アスレチックトレーナーはとてもおすすめの職業です。

アスレチックトレーナーの日本人の合格率は、決して低くはありません。ただし、特殊なメジャーのため、大学・大学院選びや入学後の立ち回りが非常に重要となり、一度失敗すると挽回が大変になります。

アメリカのアスレチックトレーナー留学で失敗したくない!アスレチックトレーナーになるための最短ルートでアメリカ留学したい!という方は、ぜひ一度U-LABOのカウンセリングを受けてみてください。カウンセラーが貴方のご希望をうかがい、アスレチックトレーナーになるため道筋をより具体的にご案内いたします。

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

世界の名門大学と言われるカリフォルニア大学へのU-LABO生合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!

About Us:株式会社U-LABO

私たちは、海外トップ大学を目指す日本人学生のための

留学サポート会社です。

U-LABO生のカリフォルニア大学への合格実績は、

なんと100%!

レスポンスの速さやサービスの質の高さで、

生徒や保護者様からも非常に高い評価を得ており、

ありがたいことに年々入会者数が増加中。

LINEでのお問い合わせも受け付けております!